忍者ブログ
ようじょ大好きシナリオライターの不定期に呟く日々彼是
[19]  [18]  [17]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

・それでは、収録も終わりましたしここで告知でも

 え~、今回自分は、『小森まなみのPop'n! パジャマEYE』内コーナー『アミューズメントモード』にて毎年企画されている『新春ラジオドラマ』の脚本を担当させていただきました!☆(ゝω・)v
 
 ……いやあ、選ばれた時はホント、( ゚Д゚)ハァ!? でしたね。まさか自分が、とは。
 
 それで、今日はそのラジオドラマの(と、その他放送の)収録で赤坂(TBSではありませんよ?)に行ってきました。
 収録スタジオなんて入るの初めてで、いったいどんなところとドキドキしてましたけど、それほどの大きさでなくて、けれど個性に溢れた(古き良きアメリカのふいんきが出ていました)スタジオでした。
 
 で、今回演じてくださる声優科の学生さんと打ち合わせをしつつ(まあ、大したことは言っていませんが(;´∀`) 自分が思い描いたキャラクター像通りに演じてくだされば、と言った程度です)、パーソナリティーの小森さん登場。
 
 (*゚Д゚)……
 
 もうね、ありゃヤバいよ(ぉ
 キュート! と叫びたい気分でした(マテ あんなお年の召し方は理想じゃないですかね。
 
 そして、いくつかの収録が終わり、いよいよ自分の書いたラジオドラマの収録。
 まずリハーサルを聞く……
 
 (;´Д`)ハァハァ
 
 こ、これはヤバ過ぎる(こればっかり
 小森さんはもちろんのこと、学生の皆さんもプロに遜色ない演技をして下さって、まさに感涙ものでした(つД`)
 ディレクターさんから「いいんじゃないですかね」と一発OK(通常、現場でそれなりに直しが入るそうで、自分はかなり運がよかったんでしょう(ぉ)が入り、そのまま本番。
 
 (;´Д`)ハァハァハァハァ
 
 自分で作ったキャラに萌えた(マテ
 
 細かい直しとか入れたかった気もしましたが、そんなものいっぺんに吹き飛ばすくらいに良い体験でした(;´Д`)
 最後にスタジオ内部(実際にパーソナリティーがしゃべるところ)に入って記念撮影。……あれ、何か自分も声優科っぽく扱われている(4名いましたが、自分だけノベルス科でした。……ついでに言うと、自分だけ1年生でした)(;´∀`)
 
 本放送はおそらく新年明けて最初の日曜深夜ですが、東北地方メインなのが(確かTBC、ABS、YBCラジオでしたか)残念で、関東では聞くのが難しそうなのが(ヽ´ω`) ま、自分の傍にラジオがないのでアレですが。
 とりあえず収録テープは渡されるそうなので、まあ、こっ恥ずかしがりながら聞くことにします(;´Д`)
 
 今回の一件は、自分にもまだまだ可能性があるんだなということを自覚させてくれました。
 下記にあるように、投稿した作品は一次落ちでしたが、そこから得るものも沢山ありましたし、今回の仕事でもこれまた沢山得るものがありました。
 これを糧に、よりよい作品を制作出来るよう邁進する所存であります!ヽ(`Д´)ノ



以降、上記より前に書いたもの。

・はじめての投稿作品の結果は

 ……華麗に一次落ち、と(ヽ´ω`)
 
 まあ……出した時から既に不安要素満載でしたし(やっぱりWord様が時代の趨勢なのか(ヽ´ω`))、今思い返すと何かと問題点ばかりが浮かんできてしまうので(ホント、自分は『見せ方』が下手っぴだなと思うのです。別に、文章力とか構成力とかについては他者と遜色ないというくらいの自負はありますよ。ただ、いいネタを持ってこれてもその料理が下手極まりない。……リアルでもここでも料理は下手なのでした(ヽ´ω`))、結論としては「そりゃ落ちて当然だわな」なのでした。
 
 そして見えてきた問題としては、まだまだ本気を出し切れてないな、と。どこか余裕を残した状態で取り組んでしまってる状態なんですよね。
 それでも一応は見られる作品くらいは出来るでしょうけど、それじゃあ人の心は動かないですな。
 
 そう、足りないのは情熱。悩んで悩んで書いた作品が一瞬で突っぱねられて悔し涙を流すくらいの情熱が圧倒的に足りない(ヽ´ω`)
 達観に至るにはまだ早いし、ましてや諦観なんぞ持つつもりもない。まだまだ自分はやれるはずだし、そんな年でもないはず(これについては自信がないですが(;´∀`))。
 
 というわけで、こういった考えに至れただけでも、今回出してみた価値はあったということです(……いささか遅い感漂いまくりですが、こればかりはどうにも。我が人生の未熟さが露呈しましたな(ヽ´ω`))。
 全力全開で突っ込んで、それでもぶっ飛ばされたら、まあそれはその時。

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 青苺13つめ HOME 青苺11つめ >>
カウンター
フリーエリア
プロフィール
HN:
猫宮 烈
年齢:
37
性別:
男性
誕生日:
1982/06/24
職業:
自宅警備員兼ライター(汗
趣味:
アニメ・ゲーム・小説・麻雀
自己紹介:
ようじょ大好き。ぱんつ大好き。ねこ大好き。
……順番おかしくない?

こんなヤツですが、色々なところでちょこちょこと執筆のお仕事してます。
今は『蒼空のフロンティア』にてゲームマスターとして、日々ようじょとぱんつと戯れてます。

※『蒼フロ』関連については公式サイト内ゲームマスター個人ページで取り扱っております。

※こちらでは『猫宮烈』の近況報告など出来れば。……そちらの方を充実させないとですね(汗
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[07/18 三階]
[05/09 天城桜華]
[04/24 天城桜華]
[12/04 ネコミミ]
[12/03 眼鏡]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(12/03)
(12/04)
(12/05)
(12/06)
(12/07)
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]